アロマの虫除けについてもっとよく知りたい!という飼い主さん向けに「犬のアロマセラピーを学ぶ無料メールセミナー:アロマで虫除け編」を配信しています。

アロマの虫除けについて知りたい、犬のアロマについて詳しく学ぶことに興味がある、という場合はぜひメールセミナーに登録してくださいね。

→ ご登録はこちら。






現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る
ぐり石鹸やさしさの秘密

ぐり石鹸はひとつひとつ手作りのナチュラルなハンドメイド石鹸

ベースは肌に嬉しい成分たっぷりのオリーブオイル

ぐり石鹸作成はじっくり熟成のコールドプロセス

香りは100%天然植物アロマ精油を使用

ハーブ・クレイなど犬の肌に優しいオプション

Sample

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

店長紹介

Loading...
  • NEW
商品名

【東洋医学アロマブレンド】呼吸器、免疫、皮膚などのサポートが気になる犬のための「肺」ブレンド

商品番号 t002
通常価格(税込)
5,100
販売価格(税込)
2,600
*当商品はワレモノ扱いにつき「宅急便」のみの発送取り扱いとなります。
ネコポス便およびレターパック500はご利用いただけません。ご了承ください。





【東洋医学の考え方に基づいた「肺」をケアする精油を中心に3種類をブレンド】

東洋医学の「帰経」の考え方に基づき、「肺」の働きをサポートする精油をブレンドしました。肺は体内の余分なものを呼吸を通して発散させる働きを担うため、肺のケアは体の浄化につながるというのが東洋医学の考え方です。

《このようなケースにおすすめです》

●肺のケア
●肺と関連の深いとされる皮膚のケア
●肺と関連が深いとされる免疫力の強化をしたい




東洋医学アロマシリーズ購入者限定!!
アロマと東洋医学の理解を深めるWEBマニュアルと動画セミナー(2,500円相当)をプレゼントします!






購入者特典その1:アロマセラピーを自宅で安全に楽しむための活用WEBマニュアルをプレゼント!




・ルームスプレー作成方法
・クリーナーとしてご利用の場合の使用方法
・ディフューザーを使用した芳香浴を有効に行う場合のポイント
・犬に安全にアロマセラピーを使用するための基本的な注意事項


これらの解説テキストを購入者限定でお読みいただけるWEBサイトをご用意しています。
商品発送時に、WEBサイトのURLと閲覧パスワードをメールでお届けします。
*印刷物などをお届けするタイプのマニュアルではございません。事前にご承知おきください。ご利用者側の環境設定によりメールを受け取っていただけない場合はご利用いただけません。




購入者特典その2:東洋医学ビギナーの方向け「東洋医学で考える五臓と現れやすい体調不良、気をつけるべきポイントについて」の動画WEBセミナーをプレゼント!


Office Guri代表:諸橋直子(中国漢方ライフアドバイザー、薬膳インストラクター、ペット東洋医学アロバイザー)が講師を務める動画セミナーをプレゼントします。


・東洋医学で考える五臓
・肝と不調が現れやすい箇所、気をつけるべきポイント
・心と不調が現れやすい箇所、気をつけるべきポイント
・脾と不調が現れやすい箇所、気をつけるべきポイント
・肺と不調が現れやすい箇所、気をつけるべきポイント
・腎と不調が現れやすい箇所、気をつけるべきポイント


商品発送時に、視聴URLと閲覧パスワードをメールでお届けします。
*DVDなどをお届けするタイプのプレゼントではございません。事前にご承知おきください。ご利用者側の環境設定によりメールを受け取っていただけない場合はご利用いただけません。




犬により安全で品質が確かな精油を使いたいという飼い主さんのご要望にお応えして
東洋医学精油ブレンドはすべて有機栽培の精油を使用しています。






当ブレンド精油には「光毒性」と呼ばれる紫外線と反応して皮膚に刺激を与えるとされる物質を含む精油を使用しています。


これらの精油は紫外線の当たらない場所でのご使用には問題がございませんのでご安心ください。
また、直接犬の皮膚に触れない使用方法の場合は昼夜を問わず安心してお使いいただけます。デイフューザーで空気中に香らせる、ティッシュなどに垂らして犬に香りを嗅がせるご使用方については「光毒性」を考慮する必要はございません。

もし、このブレンド精油を使用してマッサージオイルをご自宅で手作りして使用する、肉球クリームを作成するなど、直接犬の肌に触れるような方法でご使用いただく場合は「光毒性」にご注意ください。

このような方法でご使用の際は夜に使用することをおすすめします。もし、日中に使用される際は使用後すぐに直射日光が当たるような場所は避けるようご注意ください。


一般のアロマ精油販売店では特に販売時にこのような注意喚起は行われませんが、Office Guriでは犬にアロマセラピーを使用する際に「安全に関する基本事項」をしっかりとお伝えすることも含めて、飼い主さんにアロマセラピー精油をご利用いただくことが大切だと考えております。そのため、このような注意事項をお伝えする次第です。



(ただし、アロマセラピーの基礎知識に関する個別の質問事項などにはメールではお答えしておりません。ご自身でお調べいただくか、Office Guri運営のメールセミナーをご利用の上、ご自身で学習していただきますようお願いいたします)





●ブレンド精油の紹介

【1】ティーツリー(有機):ハーブ調のすっきりとした爽やかな香りです。「気」を補い、免疫力を高める精油と東洋医学では考えられています。




「肺」に作用し体を守る「衛気」を高める作用があるとされています。成分的にも津陽殺菌効果を持つ精油であるため、風邪やインフルエンザが流行する季節にも空気清浄の目的で良く使用される精油です(帰経:肺)




【2】レモン(有機):さっぱりとした柑橘系の香り。東洋医学では「気」の流れを促進し、血液の流れも良くする効果があるとされています。



レモンは胃腸のつかえを取る働きでも知られますが、「肺」に作用して免疫力を高める精油であると東洋医学では考えらてています(帰経:肺・脾)。

血液の流れを良くする効果も期待できる精油と考えられています。


*紫外線に当たると皮膚に刺激となる物質を含む「レモン」精油を使用しています。
そのため、この精油を使用しマッサージオイルを作成するなど直接犬の肌に触れる使用方法を行う場合、使用直後に日光に当たることはお控えください。夜のご使用をお勧めします。

芳香浴といった「香りを嗅ぐ」という方法の場合は、昼夜を問わずご使用いただけます。





【3】サイプレス(有機):すっきりとした樹木の青みを含む香りです。東洋医学では「肺」を開き、呼吸を楽にする精油として知られています。




「気」を補い、免疫力を高めると東洋医学では考えられている精油です。水分バランス調整作用もあるとされています(帰経:肺・腎)





使い方は簡単!初心者の方はティッシュに精油を垂らして犬に嗅がせるだけでもOK!!




アロマセラピーは犬に香りを「嗅がせる」というシンプルな方法で行える自然療法です。そのため、初心者の方は難しく考えず、まずは手軽に犬に香りを嗅がせるという方法がお勧めです。

とりあえず使ってみたい、という場合はティッシュに精油を1〜2滴染み込ませて、犬に嗅がせてあげるだけでもOKです。あまり難しく考えすぎず、香りを楽しむ、というところからトライするのがおすすめです。





よりアロマセラピーを活用したい!という方は手軽なルームスプレーづくりをお試しください




スプレーボトルに水を入れ、そこに精油を加えて良く振るだけで手軽にアロマのルームスプレーが作れます。このスプレーをお部屋にしゅっとひと吹きするだけで、手軽に芳香浴が楽しめます。また、犬にクレートのお掃除のあとにアロマのルームスプレーをひと吹きするだけで、爽やかな香りが残ります。








「肺」ブレンドに使用しているティーツリーは高い殺菌効果でも知られる精油です。


アロマのルームスプレーをクリーナー替わりにご利用いただくのもおすすめです。特に、愛犬の住空間には化学薬品系の強力な抗菌・殺菌剤を使いたくないという場合はアロマの穏やかな殺菌効果を利用することも可能です。


●ルームスプレー作成を希望される方は別売りのスプレーボトルご利用が便利です。




→ → → 別売りスプレーボトルの詳細はこちら。





精油3mlってどのくらいですか?

3mlの精油ボトルをシャープペンシルの大きさと比べてみました。




精油は1ml約20滴、3mlで約60滴となります。
50mlサイズのルームスプレーを作成するのに必要な精油は3滴ほど、ティッシュに垂らして嗅がせるのに必要なのは1回1〜2滴です。

見た目のボトルの量は小さく感じますが、精油は植物の薬理成分が高濃度に濃縮されたエッセンスです。

3mlあれば、芳香浴に、ルームスプレー作成にと幅広く十分にお使いいただけます。




商品名:ブレンド精油「肺」
使用精油:ティーツリー(有機)水蒸気蒸留法、レモン(有機)圧搾抽出法、サイプレス(有機)水蒸気蒸留法
容量:3ml

*紫外線に当たると皮膚に刺激となる物質を含む「レモン」精油を使用しています。
そのため、この精油を使用しマッサージオイルを作成するなど直接犬の肌に触れる使用方法を行う場合、使用直後に日光に当たることはお控えください。夜のご使用をお勧めします。

芳香浴といった「香りを嗅ぐ」という方法の場合は、昼夜を問わずご使用いただけます。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

当店のご利用規約はこちら